「会社を成長させたい社長」のための財務改善コンサルティング

財務マネジメント株式会社
☰ MENU

432 資金を眠らせるな!

2011-03-09 (水)

昨日の日経新聞の一面で、ご覧になった方も多いかと思いますが、
資金を眠らせない(企業 強さの条件) 第9部 もっと投資を(3)事業を選別 攻め素早く
という記事が掲載されていました。

これは、伊藤忠商事の財務戦略に関する記述でしたが、私自身は、この記事内容で以下の3点が
共感できたので、ご紹介したいと思います。

1)会社の事業をセグメントに分類し、財務体質や収益性を含めて、事業自体を「社内格付け」する
  自社内の独自ルールではありますが、評価項目を設定して点数化し、最終的には、
  「A」や「BBB」といった評価格付けを行う

2)評価の低い事業に関する投資(株式投資等)については、それらの資産を売却し、売却資金を
  収益性の高い事業に投資しなおす
  投資した資金が眠っていないかどうか、金額の大小にかかわらずチェックして、「低採算」→「高採算」
  へと資金をシフトさせる

3)社内格付けが高い事業については、権限を委譲するが、格付けが低い事業については本社が細部まで管理
  事業自体が順調に推移している部門については、権限と資金を現場に委譲して取り組ませる一方で、
  成果が上がっていない低採算の事業については、本社が厳密にチェックして、不採算の原因を追求する。

中小企業でも、複数の事業を展開したり、複数の営業所・支店・部門別に収益性の管理をしているところは
数多く見かけますが、一方で投資に対する効果を測定したり、セグメントごとに財務体質を評価するまで
至っていないのが実情だと思います。

ですが、財務面で重要なのは、
1)「不要な資産、低採算の資産を整理する」

2)「1)と共に収益性を高め、手許資金を潤沢にすること」

3)「貯まった資金を投資効果の高い事業に集中投資すること」

4)「投資効果を測定し、資金が眠らない環境を作ること」

5)上記1)~4)を繰り返し実行する

といったサイクルになります。

皆さんの会社では、資金を眠らせることなく、集中的に投資できる環境が整備されていますか?

キャッシュを貯めるのはもちろんですが、キャッシュの投資と回収についても
考えたうえで、日々の経営に取り組むことも、自社の財務体質を強化するうえで、非常に重要ですね。

プロフィール

財務マネジメント株式会社 代表

森岡寛

財務マネジメント 代表取締役 森岡 寛

高知県高知市出身。1974年9月23日生まれ。実家が製麺卸売業を営んでいることから、幼少期より経営に関心を抱く。中学卒業後は高校に進学せず、大検取得後の1995年、近畿大学に進学。在学中は会計学研究会に所属し、管理会計の研究に従事。大学卒業後の1999年、大阪市内の大手会計事務所に勤務。入社3年目から経営幹部に抜擢され、以後2年半にわたり、部署売上目標を全て達成。実務面では、税務・経営・人事コンサルティングを担当する中で、中小企業の財務の重要性を実感し、2003年8月退社。同年9月起業。起業後は中小企業に特化した財務コンサルティングを東京・大阪で実施。現在は「キャッシュフローの専門家」として、セミナーやコンサルティングを中心に、中小企業のキャッシュフロー改善に努める一方、チャットワークをベースにITツールを活用した「顧客に会わない」ワークスタイルでも注目を集めている。

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

書籍紹介

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

マンガで入門!
管理会計が面白いほどわかる本

(ダイヤモンド社)

社長のための 黒字の教科書

社長のための 黒字の教科書
小さな会社の財務改善70のテクニック

(ダイヤモンド社)

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

マンガで入門!
会社の数字が面白いほどわかる本

(ダイヤモンド社)

メディア掲載実績

ダイヤモンドオンライン

2016年11月8日~12月8日

「マンガでわかる!管理会計の基本」

ダイヤモンドオンライン

2014年2月19日~28日

【社長のための黒字の教科書】

ダイヤモンドオンライン

2012年6月7日~6月21日

新着ニュース

Copyright © 財務マネジメント株式会社 All Rights Reserved