「会社を成長させたい社長」のための財務改善コンサルティング

財務マネジメント株式会社
☰ MENU

その節税が会社を殺す

2018-06-05 (火)

税理士の松波竜太さんの新刊「その節税が会社を殺す」を拝読させて頂きました。

松波さんの前著「借入は減らすな!」同様、エッジの効いたタイトルで、今回もなかなか興味深い内容でした。

本書は、タイトルにもあるように「間違った節税」がいかにして会社の資金繰りを悪化させてしまうか、その功罪について説明しておられます。

と同時に、納税を受け入れる価値観をどのように持つべきかについて、金融機関からの資金調達を引き合いに出して、合理的に納税の必要性を説いておられます。

税理士さんが「安易な節税」を否定するあたりが、とても説得力がありますね。

私の前著「社長のための黒字の教科書」でも触れましたが、法人税の支払いを抑えるために、いろんな節税策に奔走した結果、キャッシュフローが悪化した会社をたくさん見てきましたので、「納税を通じてキャッシュを増やす」という価値観を持って頂くには、もってこいの本だと思います。

また、皆さんが気になる「じゃあ、いくらぐらい納税したらいいの?」という答えは本書を読んで頂くと、より理解できると思います。

本書におけるキーワードを私なりに列挙してみました。

・会社経営は、キャッシュリッチであることが重要

・法人税アレルギーになっていないか

・無借金経営と実質無借金経営の違い

・銀行融資の受け方、銀行との付き合い方

・民間金融機関と政府系金融機関の使い分け

・どれぐらいの納税が適正ラインなのか

・黒字継続の必要性

・その経費は原価?販管費?営業外費用?特別損失?

・低金利での資金調達方法

・設備資金と運転資金の違い

・保証協会は使うべきか否か

・本来の節税とは?

いずれも気になる内容ですね。
と同時にそれぞれの解答がしっかり記述しておられますので、「中小企業が本来目指すべき財務体質の在り方」を確認し、かつ実践してみたい経営者や経営幹部、経理担当者にとっては、一読の価値ありです。

Amazon「その節税が会社を殺す」
楽天ブックス「その節税が会社を殺す」

プロフィール

財務マネジメント株式会社 代表

森岡寛

財務マネジメント 代表取締役 森岡 寛

高知県高知市出身。1974年9月23日生まれ。実家が製麺卸売業を営んでいることから、幼少期より経営に関心を抱く。中学卒業後は高校に進学せず、大検取得後の1995年、近畿大学に進学。在学中は会計学研究会に所属し、管理会計の研究に従事。大学卒業後の1999年、大阪市内の大手会計事務所に勤務。入社3年目から経営幹部に抜擢され、以後2年半にわたり、部署売上目標を全て達成。実務面では、税務・経営・人事コンサルティングを担当する中で、中小企業の財務の重要性を実感し、2003年8月退社。同年9月起業。起業後は中小企業に特化した財務コンサルティングを東京・大阪で実施。現在は「キャッシュフローの専門家」として、セミナーやコンサルティングを中心に、中小企業のキャッシュフロー改善に努める一方、チャットワークをベースにITツールを活用した「顧客に会わない」ワークスタイルでも注目を集めている。

最新記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

書籍紹介

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

マンガで入門!
管理会計が面白いほどわかる本

(ダイヤモンド社)

社長のための 黒字の教科書

社長のための 黒字の教科書
小さな会社の財務改善70のテクニック

(ダイヤモンド社)

マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本

マンガで入門!
会社の数字が面白いほどわかる本

(ダイヤモンド社)

メディア掲載実績

ダイヤモンドオンライン

2016年11月8日~12月8日

「マンガでわかる!管理会計の基本」

ダイヤモンドオンライン

2014年2月19日~28日

【社長のための黒字の教科書】

ダイヤモンドオンライン

2012年6月7日~6月21日

新着ニュース

Copyright © 財務マネジメント株式会社 All Rights Reserved